爽やかな断食ダイエット

私の断食ダイエットはお医者様からの提案です。
仕事に追われ、生活習慣が荒れていて、いつも浮腫んで不健康に太っていた頃、風邪を引いて受診した内科の先生から、断食ダイエットを勧められました。
このままの生活を続けると、成人病につながると言われたのです。

疲れていて、運動も出来ない事を説明すると、仕事の休みの日に断食ダイエットをする事を勧められました。
これは、その時の私にはぴったりのダイエットだったと思います。

まず、仕事が休みの日に、ゆっくりと睡眠をとり、きちんと目が覚めたときに起床します。
そして朝食の代わりにノンカフェインのお茶を頂きます。
午前は、テレビを見ながらストレッチ。
それが終わったら、散歩で気分転換です。

昼食が食べたい気持ちになったら、昆布茶を頂きます。
これがポイントですね。
味のあるものを少しお腹に入れることで、空腹感はかなりまぎれます。

午後からはお部屋の掃除をしたり、読書やインターネットをします。
夕方6時で断食は終了です。
6時からお粥作りを始めます。 5分粥くらいの柔らかめのもの。
一日空っぽだった胃に優しいお粥です。
梅干を一個乗せます。
また湯飲みに梅干とお湯を入れて、ほんの少しお醤油を注します。

この梅粥と梅湯を夕食に頂いて、一日終了なのです。

この断食をすると、翌日からお通じが大変に良くなります。
そしてむくみも解消して、体が軽くなったような気がします。

毒素を出す効果があるのでしょうか。
劇的なダイエットではありませんが、大満足です。
それを毎週続ける事で、健康的に(下半身のむくみ解消)体重も少し落とす事ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*